Victor(ヴィクター)マグカップ ホワイト(後期)
Victor(ヴィクター)マグカップ ホワイト(後期)
Victor(ヴィクター)マグカップ ホワイト(後期)
Victor(ヴィクター)マグカップ ホワイト(後期)
Victor(ヴィクター)マグカップ ホワイト(後期)
Victor(ヴィクター)マグカップ ホワイト(後期)
Victor(ヴィクター)マグカップ ホワイト(後期)
Victor(ヴィクター)マグカップ ホワイト(後期)
Victor(ヴィクター)マグカップ ホワイト(後期)
Victor(ヴィクター)マグカップ ホワイト(後期)
Victor(ヴィクター)マグカップ ホワイト(後期)
Victor(ヴィクター)マグカップ ホワイト(後期)
Victor(ヴィクター)マグカップ ホワイト(後期)
Victor(ヴィクター)マグカップ ホワイト(後期)
Victor(ヴィクター)マグカップ ホワイト(後期)
Victor(ヴィクター)マグカップ ホワイト(後期)
Victor(ヴィクター)マグカップ ホワイト(後期)
Victor(ヴィクター)マグカップ ホワイト(後期)
Victor(ヴィクター)マグカップ ホワイト(後期)
Victor(ヴィクター)マグカップ ホワイト(後期)

Victor(ヴィクター)マグカップ ホワイト(後期)

(0point)

↑ ↓

在庫確認
このマグカップは、Victorが閉鎖する1980年代の後半まで製造が続けられた、最もベーシックなラインとなり、製造はおそらく1970〜1980年代頃。カラーは前期のモデルに比べてやや色づいたオフホワイトとなります。

実際に手にとってみると、まずその重さに驚くでしょう。重たいわりに持ち手は小さいため持ちにくく、また厚みがあるため飲みづらいと感じるかもしれません。しかし使っているうちにこの「クセ」にはまってくる人がいるのもまた事実。ダイナーウェアがお好きなお客様はもちろん、丈夫でシンプルなものを使い続けたいというお客様はぜひお試し下さい。

コンディションは出来る限り良好なものを厳選しており、目立つレベルの割れや汚れといった大きなダメージ品は除外しておりますが、ただし若干の小傷やシミ、内部の色づき、高台の小さな欠け等は見られます。なおVictorは形のゆがみや小片の引っ付き、斑紋や小さなインク染みなどが見られますが、これはVictorならではの味としてお楽しみいただけたらと思います。

サイズにつきまして

このシリーズは大きさが3種類あることが確認されており、高さの差は小さいのですが、直径および容量が異なります。

容量は
Sサイズが約150ml、Mサイズが約170ml、Lサイズが約215ml

サイズが違っても厚さに大きな差はなく、口当たりにさほどの違いは感じられません。ただし作りが厚手のため、外観からすると容量はかなり少なく感じるかと思います。

なお持ち手の大きさにも個体差が見られるため、当店では便宜上「小(指1〜2本分程度)」と「大(指2本分程度)」に分けて販売しております(手の小さい方や大きな方はサイズ感が異なります)。

Victorのマグカップについて

1893年創業のVictorは、もとは電線に使う絶縁器具「碍子(ガイシ)」の製造で発展したメーカーですが、第二次大戦中に碍子ビジネスが伸び悩み、碍子と同じ原料を使った陶磁器製造の道を模索しはじめます。

そんな最中の1940年代の初頭、U.S. Navy(海軍)から「揺れる船上での使用に耐えられるコーヒーマグを作って欲しい」という要請があり、それを受けたメーカーの中からVictorは最終的に契約の獲得に成功します。

Navyの希望は「分厚く丈夫で、当たって壊れるような持ち手は付いていないこと」というものでしたが、これに応える形でVictorが作ったのがウォッチマンズマグと呼ばれる、いわゆる日本の湯呑みのようなフォルムをしたマグカップでした。

第二次大戦中はさらに軍用に丈夫な厚手のボウルも生産をはじめ、こちらは戦後もしばらく製造が続けられました。なおマグカップについては、ウォッチマンズマグに改良を加え、厚手の作りはそのままに、持ち手の付いたマグカップを作りはじめます。

戦後もVictorはデザイン的なバリエーションをほとんど増やすことなく、かたくなにシンプルで丈夫なマグを作り続けますが、このシンプルさと丈夫さがレストランやダイナーから大いに支持を集め、コーヒーマグのスタンダードとして広く愛される存在となりました。
サイズ
S:口外径約7.8cm、高さ約8.6cm、容量約150ml、重量500〜550g
M:口外径約8cm、高さ約8.6cm、容量約170ml、重量440〜500g
L:口外径約8.5cm、高さ約9cm、容量約215ml、重量480〜580g
※商品によって差がございますことをご了承下さい。

注意事項
使用に支障があったり、口の欠けやヒビといった大きなダメージ品は除外しておりますが、実際に使われていた古いお品物のため、欠点のない新品や完品とは異なりますことをあらかじめご了承下さい。