寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)
寸胴型の大きな瓷(かめ)

寸胴型の大きな瓷(かめ)

税込
9,900

↑ ↓

残りあと1個
切立、いわゆる寸胴型の瓷(かめ)です。欧米のクロック(食べ物の貯蔵用の瓷)にもこういった寸胴型の容器が見られますが、本品は日本の古い容器になります。

色味は外側がアイボリーで、内側は白。外側には釉薬の流れたあとがあり、内部にも釉薬のムラがかなり見られます。

サイズはなかなか大きく、雑誌や新聞がすっぽり収まるくらい。重量は10キロ強あります。

表面には製造時についた傷や小さな穴が見られる他、縁に一箇所小さな欠けがありますが、気になるレベルの大きなダメージは見られません。

こういった瓷はもともと漬物や梅干し、味噌をつくる際に使われますが、植木鉢のカバーのしたり、板切れや流木を立てておいたり、スリッパ入れや新聞入れにしたり、内底を傷つけないよう菓子型などを敷いて、傘立てという使い方もありかと思います。
サイズ
縁外径31.8〜33.2cm、高さ35cm、重量約10.6kg

配送
140